お湯の衛生管理と塩素(2)

■入湯店名:越の湯 港区 ¥430-
■<続き>というわけで、都内では循環式浴槽の場合、塩素系薬剤の使用が指導される事になっている。(他府県では掛け流し式の浴槽の場合でも、塩素投入が指導される地域がある)浴場の水質管理が個別店舗によりまちまちで、その維持が難しい事を考えると致し方ないとも言えるが、できれば塩素系薬剤以外での水質管理方法が一般化し、条例が追随するようになればいい。。。というのが私の思い。ちなみに、浴槽水の遊離残留塩素濃度を測定する方法の代表的なものは、DPD法といい、試薬の色の反応で濃度を確認する方法。1回の測定にかかるコストが数十円程度と比較的安価でもあり、手軽な方法として広く使われている。(DPD法以外には電流法、吸光光度法といった測定方法があり、デジタル式の測定器もある)

■記録:天気_晴れ 入湯時間_22:20〜23:00 入湯者数_2人〜4人
■暦:宇宙の月20日 KIN199 青い自己存在の嵐
f0091934_18283277.jpg

[PR]
by space88 | 2006-07-16 23:31 | ☆東京の銭湯

東京都内の銭湯や温泉を中心とした、建築士:今井健太郎の風呂日記。雑誌1010掲載エッセイのバックナンバーもこちらでご覧頂けます。


by space88
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30