<   2009年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

富士の湯(目黒区)

★ひろびろ店内の銭湯空間。浴室のレイアウトは一見の価値有り!★(1010誌 96号掲載バックナンバー)

 駅前整備により、東口と西口が地上でつながりアクセスが改善され、さらなる活性化が期待される武蔵小山駅。「日本一大きな商店街」という触込みの武蔵小山商店街もある。その武蔵小山駅西口から徒歩8分ほどの、住宅街に富士の湯は位置している。外観は昔ながらの瓦屋根の銭湯を改修した様子で、増築部分と思われる平入形式の入口となっている。手前に張り出した松の木の枝ぶりもよく、内部に坪庭の存在を連想させる。一体どんな内部空間になっているのかという期待感とともに、店内を訪れた。
 取材に応じていただいたのは店主の高原賢司さん。富山県の血縁筋からこの店を引き継いだのが昭和40年台はじめ。当時から現在の建物の基本構造体(木造)は変っていないというが、とても築40年以上とは思えないほど、しっかりとした造りが維持されていることに驚く。店内は8軒の間口に奥行きもたっぷりの、大きな空間容積だ。
 まずは、かなり個性的な浴槽空間のレイアウトに驚かされる。そして対面ソファの休憩エリアがしつらえられた広々とした脱衣室。男女各々、池のある坪庭が望めるのもうれしい。サウナ室もあるし、フロント形式にもなっている。近代的設備が様々に付加されているのだが、改修銭湯にありがちな空間が狭いという印象が無い。その理由は、昔ながらの広々とした銭湯のつくりをそのままに、既存部分の外側に増築する形で改修部分を付加した造りだからであろう。(通常木造銭湯が近代的に改修される際、既存の内部空間を削ってフロントやサウナ室に充てたり、坪庭をコインランドリーにしたりする事が多い)
 細かな事にはこだわらない、おおらかな印象の店主さんだが、とにかく掃除と浴槽の水質管理にはこだわっているという。てきぱきと息子さんとともに開店準備に動き回るその姿は72才とは思えない若さである。お客さんは常連の近隣高齢者が中心ということだが、是非若い方にも利用してみてもらいたい銭湯だ。関西型にも関東型にも分類しえない浴室レイアウトは一見の価値有り!

【DATA】ふじのゆ
住所:目黒区目黒本町5-21-2
電話:03-3712-4125
営業時間:15:00~24:00
休業日:月曜日
交通:東急目黒線[武蔵小山駅]より徒歩6分

写真(01)立派な松の木が目を引く外観。
f0091934_1026959.jpg


写真(02)中央にカランポストが無いスッキリ浴室。
f0091934_10264697.jpg


写真(03)高窓と照明の光が印象的。
f0091934_10271180.jpg


写真(04)シャワーブースが3つ、打たせ湯もある。
f0091934_1027327.jpg


写真(05)高い天井の脱衣室(女)。
f0091934_10274829.jpg


写真(06)坪庭に視線が連続する脱衣室(男)。
f0091934_1028279.jpg


写真(07)きちんと手入れされた、脱衣室界壁上の大黒様。
f0091934_10281821.jpg

[PR]
by space88 | 2009-02-09 10:18 | ★1010/東京銭湯物語

東京都内の銭湯や温泉を中心とした、建築士:今井健太郎の風呂日記。雑誌1010掲載エッセイのバックナンバーもこちらでご覧頂けます。


by space88
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28