<   2008年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

帝国湯(台東区)

★ビル銭湯なのに番台。下町の人情が待ってます。★(1010誌 92号掲載バックナンバー)

 歩道がある大通りに面する銭湯、というのは案外珍しくて新鮮だ。周囲は新しいオフィスビルが林立し、通りはサラリーマンが行き交う一方で、そのすぐ裏手には佐竹商店街、おかず横町などといった古くからの町並みも生き残っている。それなりに商店街も機能している様子。
 そんな町並みの二面性が色濃い、御徒町〜浅草橋周辺エリアに建つ帝国湯。蔵前通りに面してシャープなファサード(面構え)を持つビル型銭湯だ。裏手にまわってみると、ご主人の小野寺正志さんがなにやら忙しそうに立ち回っていた。ひと言ふた言コトバを交わす。と、すぐに下町オーラ全開のトークに引き込まれる。出で立ちもユニーク、なぜか少しホッとする。
 帝国湯の創業は、大正時代にさかのぼる。当時は別の経営者が営業していたが、昭和15年前後に先々代が店名そのままに買い受け、戦災をまぬがれて今日まで引き継がれている。現在のビル型に改築されたのは昭和56年。昨年の大クリーニングで、築27年ものビルには見えないほどの外観に戻った。店内は外観とは対照的に番台形式のオーソドックスなスタイル。配管をオールステンレスにしたため、その後の大がかりな中普請もしていない。
 ご主人にお店の特徴をうかがうと「熱いお湯くらいしかないよ」という言葉が返ってきた。しかしいろいろと話をするうちに、このご主人のキャラが一番の特徴かな?と思えてくる。何しろ話しやすいし、面倒見が良さそう。友達付き合いとなっていくお客さんも多く、清掃や釜番まで手伝ってくれることもあるという。店内に飾られている朝青龍&白鳳の手形、そして店名の木彫看板もお客さんからのプレゼント。訪れた業者さんとは話込み、番台でもお客さんとのやりとりが絶えない。オモテの喧騒とは一転、帝国湯には「熱い湯」と「人情」があふれている。

【DATA】ていこくゆ
住所:台東区浅草橋5-23-6
電話:03-3851-2785
営業時間:15:00~23:00
休業日:月曜日
交通:JR総武線[浅草橋駅]より徒歩6分

写真(a)新築同様にクリーニングされた外観。
f0091934_9565082.jpg


写真(b)浴槽の背景は一面の大きなタイル絵。
f0091934_9571652.jpg


写真(c)番台に座る奥様。朝青龍と白鳳の手形もある!
f0091934_9573885.jpg


写真(d)熱いお湯が常に浴槽からあふれている。
f0091934_9575397.jpg

[PR]
by space88 | 2008-06-17 09:46 | ★1010/東京銭湯物語

東京都内の銭湯や温泉を中心とした、建築士:今井健太郎の風呂日記。雑誌1010掲載エッセイのバックナンバーもこちらでご覧頂けます。


by space88
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30