<   2008年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

三越湯(港区)

■入湯店名■
・三越湯
■所在地&電話■
・港区白金5−12−16_電話・03-3473-4126
■利用料■
・¥430-(サウナ+¥700-)
■営業時間■
・15:30〜24:00
■定休日■
・金曜日+第三木曜日
■設備■
男女日替わりで、違うイメージの浴室の交互使いとなっている。

・白湯:ボディマッサージ、座風呂、ジェット。電気風呂。
・半露天風呂:外気は取り入れられているが屋根付き、壁付きで外も空も見えない露天風呂風の浴槽がある。ここは、メイン浴室から風除室を介して完全にエリアが分けられ石の乱ばり床仕様。けっこう広く気持ちいいが、これは片側の浴室のみ。もう一方の浴室には完全な屋内に岩風呂風の浴槽がある。こちらは下窓から小〜さなつぼ庭が見れる。
・水風呂:深めで冷え冷えの水風呂が気持ちいいが、少し小さめ。
・足湯:裸状態で足湯。背中にもお湯が流れ落ち、それが足湯の浴槽に溜まるタイプ。(ここの湯も循環しているのだろうか?)
・サウナ:遠赤外線サウナ/フィンランド風サウナ、テレビ付き。広めで快適。
・カラン:27_
■付帯設備■
・バーコーナー(開業当初は営業していたが、このところほとんど営業状態を見たことが無い)
■旧暦■
・師走24日
■13暦■
・共振の月22日 KIN243 青い太陽の夜
■データ■
・天気:晴れ
・入湯時間_22:30〜23:20
・同時入湯者数:10人〜11人(浴室のみ)
■記■
 どうしても肩が凝り、行きつけのマッサージ近くの三越湯に行く。最寄り駅は広尾か白金高輪。といっても実際それぞれ駅から10分以上かかる都会の奥地。天現寺近辺、白金の住宅街の端に位置する。電車では行きにくいし、車だと駐車場が無いという超地元密着型の銭湯。のはずなのになぜか?駐輪場すらも無く、だから自転車は道ばたに止めるしか無い。開店当初は路駐自転車をよく見かけたが、今はあまり見ない。みんな歩きできているのだろう。
 三越湯は男女日替わりで、今日は向かって右手の浴室にあたった。こちらには露天風呂風の浴室がつく。面白いのはカランの鏡がハート型という点と、浴室内足湯が設けられている点。このお風呂ができた当初(2004くらいだったか?)は足湯の流行はじめの頃なので、採用したのだろう。この頃のスーパー銭湯でよく見かけたタイプ。浴室内での足湯って今ひとつ意味不明、まぁ休憩ベンチと考えれば良いのか?サウナと銭湯で1000円を超えるという、立地ゆえのすごい金額設定。こまかく空間を仕切り、自転車置き場さえ設置をあきらめた小スペース中で(上階にはしっかりマンション)バラエティに富むビル型銭湯。サウナは銭湯としては広めでフィンランドサウナが気持ちいい。建て替え前は廿世紀銭湯写真集にも取り上げられたレトロ度が非常に高い銭湯だった。
f0091934_005244.jpg

[PR]
by space88 | 2008-01-31 23:55 | ☆東京の銭湯

寿湯(台東区)

■入湯店名■
・寿湯(台東区)
■所在地&電話■
・台東区上野5-4-17_電話・03-3844-8886
■利用料■
・¥430-
■営業時間■
・12:00〜25:30
■定休日■
・第四金曜日
■設備■
・白湯:座風呂、バイブラ、の中温風呂。
・薬湯:高温風呂。10種類の入浴剤が毎日日替わりで楽しめる。
・サウナ:¥200-
・水風呂:露天エリアにある。
・露天風呂:岩風呂風の露天風呂。少しぬるめ。
・カラン:24
■付帯設備■
・フロント
■旧暦■
・師走23日(下弦の月)
■13暦■
・共振の月20日 KIN242 白い銀河の風
■データ■
・天気:はれ
・入湯時間_20:00〜21:00
・同時入湯者数:15人〜12人(浴室のみ)
■記■
・ここはとても雰囲気が良かった。お客さんの質に感動した珍しいパターン。

f0091934_2354167.jpg

[PR]
by space88 | 2008-01-30 23:45 | ☆東京の銭湯

第二亀の湯(練馬区)


■入湯店名■
・第二亀の湯(練馬区)
■所在地&電話■
・練馬区関町北1-15-7_電話・03-3920-3542
■利用料■
・¥430-
■営業時間■
・16:00〜24:00
■定休日■
・月曜日
■設備■
・白湯:座風呂、バイブラ、の中温風呂。と高温の深風呂。
・サウナ:無し。(裏手に同経営店のラドンセンターが別入場代金で有り)
・カラン:31
■付帯設備■
・フロント
■旧暦■
・師走22日(下弦の月前日)
■13暦■
・共振の月20日 KIN241 赤い共振の竜
■データ■
・天気:くもり
・入湯時間_16:20〜17:00
・同時入湯者数:11人〜9人(浴室のみ)
■記■
・武蔵関駅から徒歩3分。現場打合せの帰り際に立ち寄る。
古いタイプのビル型銭湯で、ほぼ近隣の人しか利用しないだろうと想像する。天井は低め。背景画はタイル絵でもペンキ絵でもなく、浴室用壁紙に南国の風景がプリントされたものがこじんまりとある。店内各所にバブリー?なイメージのデザインがちらほら。しかし開店あけの客足か?意外に入浴者数は多い。年齢層はほぼ60代前後と想像する。常連さんばかりだろう、何気なく独り言を発している人もちらほら。みんな静かにマイペースでゆっくり入浴している雰囲気。浴室は間口が広く奥行きが狭いパターンの間取りで、湯質が非常に柔らかいのが印象的であったが、特別なことはしていない(ガス沸かし)という。井戸水の質が良いせいなのかもしれない。裏手に同経営店のラドンセンターが別入場代金で有り、そちらにはサウナ等の設備がついている。
f0091934_21104464.jpg

[PR]
by space88 | 2008-01-29 23:43 | ☆東京の銭湯

奥の湯(渋谷区)

■入湯店名■
・奥の湯(渋谷区)
■所在地&電話■
・渋谷区代々木1-51-1_電話・03-3370-3065
■利用料■
・¥430-
■営業時間■
・16:00〜24:00
■定休日■
・土曜日
■設備■
・白湯:座風呂、バイブラ、深風呂。43℃以上の熱いお湯。
・サウナ:無し。
・カラン:23
■付帯設備■
・番台
■旧暦■
・師走21日(二十日余りの月)
■13暦■
・共振の月19日 KIN240 黄色い律動の太陽
■データ■
・天気:晴れ
・入湯時間_22:00〜22:40
・同時入湯者数:4人〜5人(浴室のみ)
■記■
・つい先日(G暦1/24の日記)入浴した奥の湯に再度入湯。
ヨガ教室で知り合った初対面のH氏を誘ってみたら、ご一緒してくれた。氏は旅行等で地方の銭湯を利用することも多いという。先日より湯温は低いように感じられた。「国民的な運動として毎日ヨガ&銭湯を実施したら、大きく日本は変るはず!」と脱衣室でもり上がった。毎日の体のメンテナンス、絶対必要。
f0091934_2043028.jpg

[PR]
by space88 | 2008-01-28 23:26 | ☆東京の銭湯
f0091934_026512.jpg
■〜日替わり浴槽〜■
・戸越銀座温泉では、毎日男女日替わりで「月の湯」「陽の湯」のいずれかをお楽しみいただけます。「月の湯」では古き良き銭湯のエレメントが現代風にアレンジされ、「陽の湯」では今までには無い銭湯の新しい形をお楽しみいただくことができます。
http://togoshiginzaonsen.com/index.html
■所在地&電話■
・品川区戸越2-1-6_電話・03-3782-7400

■営業時間■
・平 日:14:00時〜25:00時
・日曜日朝湯:午前8:00時〜12:00時
・日曜午後の営業14:00時〜25:00時
■定休日■
・不定休(月2回金曜日)
■利用料■
・大人:¥430- 小学生:¥180- 幼児:¥80-
・平日サウナ+¥300-(スタンプ割引等の特典有り。
詳しくはフロントにてお問い合わせください)

■設備■
〜「陽の湯」編〜
・白湯(内湯):42℃弱の入りやすい温度設定で、肌にやさしい軟水を使用。座風呂、寝風呂、ボディマッサージ、電気風呂を設置。従来の銭湯よりも大きめに浴槽となっています。壁にかかれた富士山は、GRVITY FREEの作品。イマジネーション溢れる銭湯処女作です(貴重!写真にはありませんが、是非実物をご覧下さい)壁照明やLED水中照明など照明演出で、日常の中でちょっとした非日常的感覚をお楽しみいただけます。浴室南面の窓から光があふれる日中の明るい入浴空間もオススメです。
・露天風呂:東京都独特の天然温泉、黒湯を使用しています。その濃度は都内でも有数で、湯冷めしにくく、美肌効果もあります。商店街のただ中でいつでも東京の空を十分に堪能しながら、あるいはテレビを見ながらゆっくりと入浴を楽しめます。ちょっとした坪庭と涼み処もあります。 
・遠赤外線サウナ:遠赤外線による入りやすいサウナ。テレビ付きで木の内装です。
・水風呂:冷却水使用で夏でも冷たい17℃設定の水風呂。奥まった場所にある落ち着きの空間。
・カラン:23_
■付帯設備■
・フロント_タオルや石けん類、入浴セット、オリジナルグッズ等販売しています。
・飲食コーナー_メニューコーディネーターが設定したヘルシーでおいしいメニュー。
 他の銭湯とはひと味もふた味も違います。どうぞお試しください!!
***NHK「こんにちはいっと6けん」出演でおなじみwatoさん特製スープも有ります!!
・マッサージ機_最新のマッサージ機を設置
・専用駐車場3台
■設計監理■
・今井健太郎建築設計事務所
http://www.ne.jp/asahi/space/88/
■記■
・080126記

f0091934_195045.jpgf0091934_1950186.jpgf0091934_19503353.jpg
[PR]
by space88 | 2008-01-26 23:00 | ★戸越銀座温泉〜info

今日の越の湯(港区)

■入湯店名■
・越の湯
■所在地&電話■
・港区麻布十番1-5-22_電話・03-3401-8324
■利用料■
・¥430-
■営業時間■
・15:00〜23:30
■定休日■
・火曜日
■設備■
・温泉風呂:自慢の黒湯(たいがいあつい。43〜44℃たまに42℃)
・サウナ:無し。(上階の麻布十番温泉にはスチームサウナがある)
・カラン:27_
・背景画は男女にまたがる一面の10mmのモザイクタイル絵。題材はアルプス山脈チックな風景に、幻の城が浮かび上がるというもの。よく見るとシュール。
・脱衣場と浴室の界壁のガラス欄間には透かし彫りがなされている。昭和レトロなタッチで、魚や女性の裸等がモチーフとなっている。
■付帯設備■
・番台
■旧暦■
・師走18日
■13暦■
・共振の月16日 KIN237 赤い電気の地球
■データ■
・天気:晴れ
・入湯時間_21:30〜22:10
・同時入湯者数:5人〜8人(浴室のみ)
■記■
・いつものレギュラー銭湯。日常銭湯。このところ毎日寒い。熱い黒湯がありがたい。
f0091934_18532433.jpg

[PR]
by space88 | 2008-01-25 18:45

奥の湯(渋谷区)

■入湯店名■
・奥の湯(渋谷区)
■所在地&電話■
・渋谷区代々木1-51-1_電話・03-3370-3065
■利用料■
・¥430-
■営業時間■
・16:00〜24:00
■定休日■
・土曜日
■設備■
・白湯:座風呂、バイブラ、深風呂。43℃以上の熱いお湯。
・サウナ:無し。
・カラン:23
■付帯設備■
・番台
■旧暦■
・師走17日(立ち待ち月)
■13暦■
・共振の月12日 KIN236 黄色い月の戦士
■データ■
・天気:晴れ
・入湯時間_22:00〜22:40
・同時入湯者数:6人〜5人(浴室のみ)
■記■
・「東京で一番駅に近い銭湯」というふれこみの銭湯。確かに南新宿駅のホームから最短直線距離10m無いかもしれない。都心部の狭めの立地条件で、敷地の3方が道路という特殊条件。お客さんは近所の常連が多い感じ。周囲は新宿と代々木に近接する住宅街ながら、風呂無し物件も多そうな雰囲気だ。建物は番台形式の旧来型の銭湯で、脱衣室の板張り床が傾いているのが気にかかる。浴室に入り正面を見ると、なんとペンキ絵が無い!タイル絵でも無い!その代わりに10mmのモザイクタイルがランダムに抽象的な柄で貼られている。中羽目(中央の界壁)の部分も同様のモザイクタイル貼り。レトロ好きには少し寂しいかもしれないけど、この抽象柄もなかなか良い。柄というよりは単に濃淡がついている(同色の薄い色〜濃い色の組合わせ)だけなので、眺めているとなんとなく意識が吸い込まれて行く感じがして奥行き感がある。お湯は熱めで43℃くらいかな?なんせ寒いので体感温度がイマいちつかみにくい。全然奥地ではないのに奥の湯という店名にな〜んか納得してしまう、都会の真中に静かに建つ渋い銭湯。
f0091934_1919573.jpg
f0091934_19191887.jpg

[PR]
by space88 | 2008-01-24 22:44 | ☆東京の銭湯
■〜Tシャツ〜■

・デザイン:胸部/ロゴタイプ+背中/ロゴマーク
・カラー:白と黒の2種類(新色の黒は2007末より販売開始)
・サイズ:S、M、L
・価格:¥1800-(店頭フロント販売のみです)


■〜桶〜■

・デザイン:戸越銀座温泉ロゴ入り風呂オケ(ケロリン桶で知られるタイプ)
・カラー:ケロリンイエロー地に赤色ロゴ
・サイズ:径227mm高さ115mm_関東系銭湯サイズ
・価格:¥1200-(店頭フロント販売のみです)

f0091934_21502760.jpg
f0091934_21504239.jpg
f0091934_15364480.jpg

[PR]
by space88 | 2008-01-24 19:57 | ★戸越銀座温泉〜info

今日の越の湯(港区)

■入湯店名■
・越の湯
■所在地&電話■
・港区麻布十番1-5-22_電話・03-3401-8324
■利用料■
・¥430-
■営業時間■
・15:00〜23:30
■定休日■
・火曜日
■設備■
・温泉風呂:自慢の黒湯(たいがいあつい。43〜44℃たまに42℃)
・サウナ:無し。(上階の麻布十番温泉にはスチームサウナがある)
・カラン:27_
■付帯設備■
・番台
■旧暦■
・師走14日(小望月/大寒)
■13暦■
・共振の月12日 KIN233 赤い水晶の空歩く者
■データ■
・天気:晴れ
・入湯時間_21:00〜21:40
・同時入湯者数:6人〜4人(浴室のみ)
■記■
・いつものレギュラー銭湯。日常銭湯。この時期寒いので、脱衣室から入浴してお湯の熱さに慣れるまでが地獄。そしてお湯の熱さに慣れると極楽がやって来る。。。。さて今日も外国人がいた。しかも2名!白人系と黒人系という銭湯では珍しい組合わせ。やはり雰囲気を察知してか、熱い黒湯に二人で並んで我慢して入っている感じがかわいかった。先日の堂々とした外国人とは少し違って若干慣れない様子。(でも対角線上にいたので話しかけず。)
f0091934_23315865.jpg

[PR]
by SPACE88 | 2008-01-21 23:22
■入湯店名■
・浅草ROXまつり湯(台東区)
http://www.maturi-yu.com/
■所在地&電話■
・台東区浅草1-20-15_電話・03-3836-7878
■利用料■
・¥2300-(中学生以上)_¥1200-(3才以上小学生以下)
=館内着、タオル付き
■営業時間■
・10:30〜翌09:00(月曜日〜土曜日)
・10:30〜_23:00(日曜日)
■定休日■
・無休
■設備■
・ひすい露天風呂:ひすいにはカルシウム、マグネシウム、ケイ素、鉄分等が含有されているためリラックス効果があると言われている。が、実際には体感しにくい。
・トルマリン風呂(内湯)寝風呂〜ジェットバス等。トルマリンには豊富にミネラル分が含まれていて、お湯に溶け出し人間の新陳代謝を促進させると言われている。
・うたせ湯:大がかりなうたせ湯が露天エリアに設置されている。うたせ湯の湯口には殺菌照明らしきものが付けられている。
・フィンランドサウナ:あまりに混雑していたので利用せず。
・テルマリウムサウナ:床と壁からの輻射熱方式のスチームサウナ。こちらも混んでいた。低温設定で心地よく発汗できた。

■付帯設備■
・うたた寝室〜やすらぎ:リクライニングシートで休憩できる。
・リラックスルーム〜ねころび:テレビ付きのリクライニングシート
・リラックスルーム〜香りね:アロマが香るリラックスルーム。上記を含め3種類のリラックスルームがあるが、もう少しそれぞれの特徴付けを明確にしてほしいところ。
・大広間:120畳の大宴会場。
・食事処:ごくごく一般的なレストラン。内装とメニュー構成も大衆的な感じ。
・マサージ等サービス多数。
■旧暦■
・師走月13日(十三夜月)
■13暦■
・共振の月11日 KIN232 黄色いスペクトルの人
■データ■
・天気:晴れ〜くもり
・入湯時間_15:30〜17:00
■記■
久々の浅草。たまに来るとかなり新鮮なものだ。まずは「下町と銭湯の物語」展@TEPCO浅草に行った。展示内容は、

・江戸時代の「湯屋」の模型展示(桧細工師 三浦玉舟作/写真)
・現代の銭湯の模型展示(造型作家 山本高樹+町田忍作)
・台東区内「銭湯めぐり」写真展
・銭湯の歴史・地図で見る銭湯数の変遷・入浴料金の変遷 等

目を引くのは、やはり目玉の二つの模型。スケールが1/10、1/25と建築模型としては大きいので、非常にリアルで臨場感あふれている。照明が点いたり、桶や看板、暖簾等の小物もかわいく造られていて、作者(三浦さん、山本さん、町田さん)の銭湯に対する愛情が感じられた。見っけ物は、葛飾北斎による「江戸の湯屋組み上げ絵」。厚紙に江戸銭湯のファサードのパーツが描かれていて、それを切り抜いて組み上げるという江戸の紙模型(写真)。簡単に言うとプラモデルの紙盤だが、江戸時代の人がこれを買って、しこしこと切り抜き組み立てていたのかと想像するとわくわくする。やはり江戸時代から銭湯は一種の特殊性があって人気のある施設だったと想像される。もとが紙のため平面かつ単純なつくりなのに、パーツの色使いが素晴らしいために組み上げると見事な立体感が生まれていて、さすが北斎という感じ。ここでも小物や人間が生き生きと描かれ、非常に興味深かった(できれば買って作りたい)。その他の展示もマニアックな情報満載で充実の展示!!
○開催期間:平成19年11月14日(水)〜平成20年1月30日(水)

さて、その後浅草寺参り、浅草神社での日光猿の投げ銭ショー観覧、うなぎ会食ミーティングを済ませ、浅草散策を少し楽しんだ後、後浅草ROXまつり湯に行く。浅草駅から7〜8分、ビルイン型の温浴施設。日曜なのでやはり混雑していてサウナは利用できなかったが浴室は広々としているので混雑感は感じられなかった。デザイン的にはほとんど目に止まるところは無し。全てが大衆ターゲットでいわゆる健康ランドのつくり。浅草なのでこれでいいのかもしれないが、浅草だからこそもう少し風情があってほしかった。先日小規模ながら同じサービスで価格が¥1400-のスパガーディッシュに行ったばかりなので、この値段でのコストパフォーマンスは評価しにくいところ。。。。昼間から浅草でゆる〜く脱力して飲んで騒ぐにはいいかも。というかそれだけが目的の人のための施設かな。
f0091934_2395177.jpg
f0091934_23101468.jpg
f0091934_23104115.jpg
f0091934_23105546.jpg

[PR]
by SPACE88 | 2008-01-20 21:57 | ☆スーパー銭湯他

東京都内の銭湯や温泉を中心とした、建築士:今井健太郎の風呂日記。雑誌1010掲載エッセイのバックナンバーもこちらでご覧頂けます。


by space88