<   2006年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

■入湯店名:松の湯(新宿区、落合)
出張帰りに立ち寄り、夜の打合せ前にちょこっとひとッ風呂いただいた。
写真撮り忘れ。

■webnewsから温泉の話題---------
webで共同浴場の湯温でもめているというニュースを読む。
3割程度の観光客と、7割の地元利用者の間で問題になっているという。
湯温は公衆浴場の永遠のテーマだが、それにしても46℃は熱すぎだろう。
慣れていないと普通は無理だ。逆に言うと慣れると46℃にも入れると。。。
46℃でないと物足りないと。。。慣れでそんな体質になるんだから
人間の体は不思議なものだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060628-00000047-mailo-l07

■記録:天気_晴れ 入湯時間_19:00〜19:30 入湯者数_5人〜3人
[PR]
by space88 | 2006-06-27 20:04 | ☆東京の銭湯

肩凝り腰痛に銭湯

■入湯店名:広尾湯(渋谷区、広尾)

■どうにも腰と肩が重い。最近では一番の凝り。
あまりにひどいんでたまりかね、昨夜急遽近所のマッサージ施設「relax body」に行ってしまった。施術者の人に「お風呂に入った方が良いですよ」とアドバイスいただいた。
しまった!俺としたことが。。。
最近、ワールドカップのテレビ観戦時間を確保しようと、銭湯に入らず自宅シャワーでお風呂を済ますという悪習慣を続けてしまっていたのだ。大反省。
でも、昨日のマッサージ効果と今日の銭湯入浴で、だいぶ楽になってきた。
入浴効果絶大なり。

■記録:天気_小雨 入湯時間_21:50〜22:30 入湯者数_2人〜4人
f0091934_122873.jpg

[PR]
by space88 | 2006-06-26 22:24 | ☆東京の銭湯
■入湯店名:広尾湯(渋谷区、広尾)

■ロビーでのおばちゃんの会話。。。
おばちゃんA:「あたしが観戦すると日本負けちゃうんだよ。だから悪いから
日本vsブラジル戦は観なかったの。」
おばちゃんB:「いや〜誰が観ようと今のブラジルに勝つところなんて無いわよ。
ブラジルに勝とうと思ったら、そうねぇ。。。3億円はあげないと無理だね」
おばちゃんA:「3億じゃ無理だよ。W杯の優勝賞金は23億円なんだから。」
おばちゃんB:「え〜!そんなにあげなきゃなんないの?じゃぁ無理だわ」

って、3億円ならあげられるんだろうか???

■記録:天気_くもり 入湯時間_22:00〜23:00 入湯者数_2人〜5人
f0091934_1192750.jpg

[PR]
by space88 | 2006-06-25 23:17 | ☆東京の銭湯

平和浴泉/中野区

 「こんにちは!いらっしゃいませ〜。昨日はどうもありがとうございましたぁ!」フロントから明るい声が脱衣室まで聞こえて来る。声の主はお店の顔、中川弘子さん。「お客さんにはやさしく親切に」がモットーで、特に年配のお客さんには配慮をかかさない。この調子で、何と毎日ほとんど交代無しでフロントに座ると言うから、その働きぶりはすごい。そんな心のこもった笑顔の接客は、お客さんにも伝わるものだ。お客さん同士が仲が良しでコミュニケーションも多く、洗い場や脱衣室では常連客同士、自然に高齢者のケアをする姿をよく見かけるという。
 一方、裏方を担当するのは息子の中川弘幸さん。なにせスタッフの頭数は母子の二人だけなので、仕事量は多い。力を合わせてお店を切り盛りする、その中川家が少し変っているのは経歴。いわゆる業界で言うところの「預かり」家業を弘幸さんのおじいさんが、定年後の仕事として中野北口にスタートしたのが始まり。その後、横浜〜練馬の店を経て、現在の中野南台の地に再び戻った。弘幸さんは店を引き継いでまだ二年しか経っていないが、その働きぶりは小気味良い。
 浴室の特徴は、男女それぞれに低温サウナ(50℃前後)があり、その隣に立ちシャワーブースが3つあってカラフルなこと。そして、女性の脱衣室にはいろいろな低料金(¥20〜)のサービスチェアがあること。ベルト式のシェイプアップマシン、そして昔ながらのマッサージチェアやドライヤーチェアまでバラエティゆたか。
 そんな平和浴泉のお店の「売り」を中川さんに聞いてみた。「うちは設備も広さも普通だし、本当に標準的な店だからねぇ。特別無いけど、しいて言えばお客さんとのコミュニケーションかな?」いや、やはりそれが何より大切なこと。高齢者への配慮、つまり弘子さん人気は、区のイベント「生き生き入浴」の時の利用者の多さにあらわれている。せち辛い世の中、お客さんに声を掛けて心を交わす。これ、あらためてフロント業務の基本でしょう!?(1010誌 81号記事より転載)
f0091934_20394689.jpg
f0091934_2040032.jpg
f0091934_20401456.jpg

[PR]
by space88 | 2006-06-23 20:45 | ☆東京の銭湯

今日の広尾湯

■入湯店名:松の湯(渋谷区、広尾)
■コメント:
■記録:天気_くもり 入湯時間_21:50〜22:30 入湯者数_4人〜6人
f0091934_1151447.jpg

[PR]
by space88 | 2006-06-21 23:00 | ☆東京の銭湯

扇風機!

■入湯店名:松の湯(渋谷区、広尾)
■コメント:今日は暑くて蒸しているのに脱衣室の扇風機まわってない。
フロントのおばさんに声をかけたらまわしてくれたが。。。
夏場は、脱衣室の扇風機は必須アイテムだ。これがあると無いとでは
店を出てからの爽快感がまるで違う。浴室を出てからの汗をクーリングオフ!
脱衣室の扇風機夏も冬も必須です。
■記録:天気_雨 入湯時間_22:20〜23:00 入湯者数_4人〜6人
■暦:水晶の月17日 KIN168 黄色い水晶の星
f0091934_20572596.jpg

[PR]
by space88 | 2006-06-15 23:55 | ☆東京の銭湯

竹の湯(新宿区)

★間口が広い!ゆとりの空間で日替わり薬湯を提供★(1010誌 80号掲載バックナンバー)

 松、竹、梅と言えば、銭湯屋号の定番である。都内約1000軒のうち、「竹の湯」という名称は全部で16件。同名屋号数の順位が全体中四位という人気名称だ。(本誌63号のデータによる)。ここ新宿は改代町にある『竹の湯』は「店がすくすくと伸びていくように」という願いのもとに命名され、昭和25年からこの地に店をかまえている。そして昭和50年に現在の鉄筋コンクリート造で、1階が銭湯+上階がマンションというビル形式に建替えられた。その後少しづつ中普請をしながら現在に至り、築31年となる。改築当時は、ビル形式の銭湯の先駆けという時代にあたり、鉄筋コンクリート造のわりには天井高が高く、間口も広い造りとなっている。細部の造りにおいても、浴槽の背後から直接壁が立ち上がらずに、「引き」のスペースが30〜40センチあるなど、ゆとりを感じさせる造りである。そして男女の浴室それぞれにはスチームサウナ(無料)と水風呂が完備。男性浴室には乾式サウナ(こちらは別途料金¥500-)も設置されていて、やや狭いスペースながら、本格的なフィンランドサウナが楽しめる。
 お湯のサービスの面では、日替わりの薬湯ローテーションがこちら竹の湯の特徴。メニューは7種類。「マリンハーブ」「ローズマリー&マジョラム」「酵素ぶろ」「レモン」「ローズ&サンダルウッド」「ラベンダー&カモミール」「森林浴」が毎日順番に提供される。営業日6日に対して薬湯の種類が7種という事で、同じ種類の薬湯が同曜日に連続する事なく「ずれて」いくしくみ。曜日を決めて利用するお客さんにも毎週違う薬湯を楽しんでもらえるように、という店主のちょっとした心遣いである。
 その店主、銭湯経営の世界に入ったのが、実は平成5年。奥様と二人三脚でフロントと裏方を切り盛りする。誠実で仕事熱心なその人柄で、新宿のこの地に引き継いだ「竹」をすくすく伸ばし続けていっていただきたい。

【DATA】たけのゆ
住所:新宿区改代町2
電話:03-3268-8544
営業時間:15:00~23:30
休業日:土曜日
交通:東京メトロ有楽町線[江戸川橋駅]より徒歩5分

写真(a)どーんとかまえたフロントがお客様を迎える。
f0091934_11353796.jpg


写真(b)狭いながら本格的サウナが楽しめる(男湯のみ)。
f0091934_11355194.jpg


写真(c)間口が広くゆとりある浴室。
f0091934_1136186.jpg


写真(d)日替わりの薬湯が浴槽を彩る。
f0091934_11361117.jpg

[PR]
by space88 | 2006-06-09 11:34 | ★1010/ちょいとひとっ風呂

今日の広尾湯

■入湯店名:松の湯(渋谷区、広尾)
■コメント:広尾湯が休業のため松の湯に入店
■記録:天気_晴れ 入湯時間_22:50〜23:20 入湯者数_4人〜3人
■暦:水晶の月9日 KIN160 黄色い自己存在の人
f0091934_20373115.jpg

[PR]
by space88 | 2006-06-07 23:58 | ☆東京の銭湯

今日の広尾湯

■入湯店名:広尾湯(渋谷区、広尾)
■記録:天気_晴れ 入湯時間_22:05〜22:50 入湯者数_3人〜4人
■暦:水晶の月8日 KIN159 青い電気の嵐
f0091934_17101817.jpg

[PR]
by SPACE88 | 2006-06-06 23:08 | ☆東京の銭湯
■この六月から、都内の公衆浴場全面的に禁煙となった。浴場組合の制度があまりに大前提なため、そういうものだと言ってしまえばそれまでだが、どうして民間の事業なのに全面的に都内統一体制で事を運ぶのだろうか?私は禁煙して二年ほど。今やもうタバコの煙は嫌なモノになっているのだが、それでも風呂上がりの一服を楽しむ人の気持ちは解る!「店の外まで煙草を吸えない=ロビーでゆっくりくつろげない」というのは、元愛煙家からすると、ちょっとかわいそうな気がする。もちろん風呂上がりにすぐタバコの匂いをつけられたくない!という逆の立場も良く解る。どちらが良いと言うことで、結論を出すのは難しい議題であろう。しかし。。。なんでも統一体制で事を運ぶ、そのこと自体に問題を感じてしまうのである。
■入湯店名:広尾湯(渋谷区、広尾)
■記録:天気_晴れ 入湯時間_22:30〜23:10 入湯者数_5人〜4人
■暦:水晶の月7日 KIN158 白い月の鏡
f0091934_16471186.jpg

[PR]
by SPACE88 | 2006-06-05 23:44 | ☆東京の銭湯

東京都内の銭湯や温泉を中心とした、建築士:今井健太郎の風呂日記。雑誌1010掲載エッセイのバックナンバーもこちらでご覧頂けます。


by space88
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30