<   2005年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

宝湯(板橋区)

★「地域密着型の健康ステーション」としての銭湯を目指して★(1010誌 75号掲載バックナンバー)

 「地域密着型の健康ステーション」…現代銭湯に求められているビジョンのひとつですが、経営者の高い意識によってこれを具現化しつつあるるのが宝湯です。現在の建物に改築されたのは30年ほど前。もともと二階を集会所として使用する「コミュニティ銭湯」の機能を有していましたが、近年「美容〜健康」サービス機能として、奥様の勤世さん担当によるハンドマッサージ&ネイルと、ご主人の由幸さん担当による足つぼマッサージが実施されることに。そして昨年末のバリアフリー化改修をきっかけとして「福祉」のサービス機能が付加されることになり、総合的な健康ステーションへとしての展開が始まりました。
 まず美容〜健康サービス機能の中で目を引くのはネイルサービス。銭湯にネイルサービスとは意外な組合せですが、パーティやデートなどのお出かけ予定を翌日にひかえた女性に好評で、予約がいっぱいになる事もあるそう。料金はハンドマッサージと合わせて30分¥500-とリーズナブル。気軽にキレイが実現可能です。足つぼマッサージの方は、足底反射療法師の認定を取得したご主人による台湾式。こちらは20分¥1,000-です。
 福祉のサービス機能は「福祉入浴デー」として、日頃ひとりで入浴に来れない方や他の方と同浴できない方のための専用浴場利用日を設定。付き添い〜家族の方は無料で同浴できます。このイベントは区の在宅介護支援センターの利用者とも連動し、多くの方に喜ばれているようです。「子供の頃は、病人やけが人、そして高齢者のために、銭湯での家族の同浴があったことを記憶しています。同浴はお風呂が広くないとなかなか難しいですよね。今は昔のようにはいかないですから、福祉入浴デーという形で銭湯の役割をはたしていければと思っているんです。」風呂屋の娘として銭湯の転換期を見てきた勤世
さん。ご自身もホームヘルパー養成検定2級課程を終了しているだけに、その言葉も印象的でした。
 *「福祉入浴デー」毎月第三火曜日、10:00〜15:00、要予約、¥400-

【DATA】たからゆ
住所:板橋区板橋4-24-6
電話:03-3679-6856
営業時間:16:00~25:00(日曜日 15:00〜25:00)
休業日:火曜日
交通:都営三田線[板橋駅]より徒歩6分

写真(a)勉強熱心なご夫妻は、それぞれ認定の取得者。
f0091934_11511773.jpg


写真(b)日替わり浴槽は、ビワの湯が人気。
f0091934_11512881.jpg


写真(a)アロマオイルも使用する、台湾式足つぼマッサージ。
f0091934_11513729.jpg


写真(d)看板に「コミュニティ銭湯」の文字が光る。
f0091934_1151471.jpg






   
[PR]
by space88 | 2005-08-09 11:43 | ★1010/ちょいとひとっ風呂

東京都内の銭湯や温泉を中心とした、建築士:今井健太郎の風呂日記。雑誌1010掲載エッセイのバックナンバーもこちらでご覧頂けます。


by space88
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31