カテゴリ:☆温泉/spa( 17 )

■入湯店名■
・七沢荘(厚木市)〜以下日帰り露天風呂のみの情報(内湯は入湯せず)
■所在地&電話■
・厚木市七沢1-826_電話・046-248-0236
■利用料(日帰り入浴)■
・¥1000-(小学生¥700-、3才以上¥500-)
■営業時間(日帰り入浴)■
・08:00〜21:30
■定休日■
・宿に確認して下さい
■設備■
・温泉露天風呂×3
・カラン×5
■付帯設備■
・宿泊施設、波動カプセル、大広間休憩所、ペット用温泉、瞑想室、貸切り家族風呂、バンガロー(ここまで有料、以下無料)
 足湯、波動飲料水、広い駐車場、近所に「ゼロ地場」ポイント有り!!!
■旧暦■
・師走27日(節分、立春前日)
■13暦■
・共振の月25日 KIN246 白い水晶の世界の橋渡し
■データ■
・天気:くもり〜雪
・入湯時間_16:00〜19:00
・同時入湯者数:15人〜4人(露天風呂のみ)
■記■
 まずは●亜風呂=AFRO●から。この日は戸越銀座温泉のイベントでもお世話になった、武田ヒロユキさん&岩原大輔さんのユニットライブを見に小田急鶴巻温泉駅まで足を伸ばした。会場はミアクチーナ鶴巻店。ジェンベやドゥンドゥン、コギリなど一般には珍し目のアフリカン楽器を、変化自在に駆使したライブで、いつもながら二人で演奏しているとは思えないくらい多彩な音色と音数。攻めながらも、同時にリラックス感たっぷりのgrooveが本当にユニーク。普段聞いている、多人数でのアフリカンアンサンブルってのもモチロンいいけど、じっくりと音色を楽しめる二人演奏というのもまた味わい深い。なにしろひとつひとつの楽器の音色がなんともかわいい。あらためてアフリカ楽器の音はカラザラあたたかいと感激。このユニットでのコギリは大好き。ありがとうございました。
 さて「鶴巻温泉駅」に来た事だし、近くの弘法の湯か万葉の湯等にも行こうかと考えたが、今日のところは以前みささんに「今井さん向き」てことで紹介された、近隣の七沢温泉/七沢荘に行く事に決定。鶴巻温泉から車で30分ほどだったろうか?七沢に着く頃には雪がちらほらし始めて、絶好の露天風呂日和に。そして着いてびっくり!連れ立ちの友人と、以前からコンタクトをとろうとしていたあるヒトの新聞記事がフロントに貼ってあるではないか。「あれ!?この人は!」等と二人で話していると、さらにフロントのお姉さんが「この子はいまここで働いているよ。さっきあがったばかりだから呼んでみようか?」と、ケータイTEL。すぐに本人登場。話をすると実はその方、アフリカンをやってみようと思っていたところだと言う。なんというシンクロ。真黒け。しばし深い話をして、3月の七沢温泉での足湯イベントなどでの再会を。。。。と、濃いテンションでお出迎えの七沢荘、施設の内容もそもそも相当濃い。壁に「波動」「エネギー」「宇宙」などの貼紙が貼られている。縄文気功という、宿主自らが編み出した「縄文時代はどうやって体を癒していたか?を追求した」気功気功ワークがあったり(有料)など、書き出すと長くなるので、あとは下記で。
http://www.tanzawa.or.jp/~nanasawa/index.shtml
 というわけでようやく●風呂●へ。内湯には目もくれず一目散に露天風呂に向かう。脱衣場は屋外で少々寒いが、それはそれでOK。泉質は非常に良く、全国名湯百選/美肌の湯ベストナインに選ばれたという(この掲示もあちこちに)。実際PH9.7というかなり強いアルカリ性で、その他メタホウ酸・メタケイ酸・カリウム・マグネシウム・マンガン等が主成分。温泉表示は、アルカリ性単純泉。循環+掛け流し併用で、泉音27.7℃の沸かし湯。湯上がり後はほんとうに肌がすべすべ。美肌効果抜群!浴槽の温度は38.5℃/40℃/41.5℃位の感じの3段階=3つ浴槽がある。どの浴槽も一部屋根があるので雪でも平気。庭の池のような岩の多い造りで野趣感あふれる。もちろん浴槽の床からは波動エネルギーが溢れ出すポイントも有り。そのせいか何なのか、入りやすい温度だし外は寒いしで、結局3時間出たり入ったり、かな〜り長い間満喫してしまった。昨日足の皮ずるムケしたことだし、外傷にも効くとされるこの温泉がちょうど良かった。全体に良い感じの不思議感&シュール感&シンクロたっぷりの、ナイス温泉だったが、最後にもうひと不思議。近くに阿不利神社(地元でもアフリカに由来すると噂される)という不思議な名前の神社があったり、日本でも数少ないゼロ地場ポイント(方位磁石が北も南も示さない地場が無い場)があったりという事をここで知り、またまたびっくり。次回はこの二つ+足湯イベント(3/15・土)をセットで楽しみたいと思う。
f0091934_0291729.jpg

[PR]
by space88 | 2008-02-03 22:34 | ☆温泉/spa
■入湯温泉名■
・元湯温泉/えびすや(弘法の湯、梶原の湯/外来湯のみ)〜塩竈温泉/湯っ歩の里(足湯)
■所在地&電話■
・えびす屋:
栃木県那須塩原市湯本塩原153  TEL 0287-32-3221
http://www4.ocn.ne.jp/~ebisuya3/
・湯っ歩の里:
栃木県那須塩原市塩原602-1 TEL 0287-32-3101
http://www.ashiyu.jp/
■泉質■
・えびすや:含硫黄ナトリウム塩化物炭酸水素塩泉(梶原の湯 炭酸泉  弘法の湯 硫黄泉)
/温度:梶原の湯 38.3 PH6.4_弘法の湯 52.0 PH6.7/効能:胃腸病、神経痛、切り傷、火傷 など
■利用料■
・えびすや(外来湯):¥500-  
・湯っ歩の里:¥200-
■営業時間■
・えびすや(外来湯):11:00−15:00
・湯っ歩の里:午前9時〜午後5時(4/1〜は、午後6時まで)
■旧暦■
・霜月26日
■13暦■
・律動の月26日 KIN216 黄色い銀河の戦士
■データ■
・天気:雪〜曇り〜晴れ
・入湯時間_12:00〜13:00(弘法の湯、梶原の湯)・同時入湯者数:5人〜3人(弘法の湯、梶原の湯)カラン二つ。
・入湯時間_14:00〜15:00(湯っ歩の里)
■記■
 塩原温泉郷旅行の二日目、まずは宿泊した新湯温泉の渓雲閣にて貸切り露天の朝湯からスタート。昨日の夕景も良かったが、やはり朝湯の気持ち良さも格別。十分に体を温めて、さらに奥地の温泉街、元湯温泉に向かう。温泉街と言っても3軒の湯治場が残るのみ。当日は雪も深く降り、交通もままならない状況。そんな中渓雲閣の送迎車で途中まで送ってもらい、その後約30分の雪道を歩き、目的地のえびすやに到着。
 えびすやの温泉は、外来日帰り湯として立ち寄ったが、ここの浴室は一種独特の雰囲気。床も含めて内装は全部板張り。そこら中に白い湯の花が凝結していて何とも言えない荘厳な空気感を醸し出している。弘法の湯、梶原の湯は実際には隣り合わせの浴槽で、違う源泉が引かれている状況。この二つの泉質の対比が何と言っても素晴らしい。まず弘法の湯は、源泉温度52℃で(浴槽は43〜44℃くらい)に引かれた熱い間欠泉。5分程度毎に地下から噴出する硫黄泉が、静かで何も無い浴槽に断続的に注がれる。自然のちからによるインパクト大の演出。一方の梶賀の湯は、源泉温度38℃のぬる湯で、別名「ラムネの湯」とも呼ばれる炭酸泉(厳密にいうと現在の分類では硫黄泉)で、こちらは、ほこらのような湯口から源泉が注がれる。飲泉すると酸っぱいような苦いような味。(脱衣場の外に飲泉所がある)天然ポカリといった感じかな?ぬるめの弘法の湯で十分に体を温めた後、熱い弘法の湯に浸かる。そしてじっと我慢をして、また梶賀の湯でゆっくりとぬるい温泉に包まれる。この交互浴がじつに気持ち良く何度も繰り返してしまう。実際には、現在の温泉の分析方法では「梶原の湯」も「弘法の湯」も含硫黄ナトリウム塩化物炭酸水素塩泉(通称 硫黄泉)という表記になるが、やはりここのお湯は宿の表示の通り「炭酸泉」と「硫黄泉」と呼ぶのがしっくりくる。ちなみにここも混浴だが、女性客は女性専用室を利用しているようで見かけなかった。女性専用室には「弘法の湯」だけがあるらしい。
 素晴らしい温泉を堪能した後、タクシーで塩釜温泉、清琴楼に向かう。またしても川床の天然露天風呂を楽しもうとしたが、こちらはあいにく準備時間にあたってしまい、入湯できず。建物は非常に風情があって期待が持てたので残念だったが、近くの足湯を楽しむことにする。
 足湯を楽しんだのは「湯っ歩の里」。日本最大の足湯施設ということで、全長60メートルに及ぶ足湯回廊が池を囲んで、楕円状に配置されている。この施設が予想外に良かった。集成木造による構造体が良い感じであるのは見たままだが、足湯の床の「足ツボ」のための石が様々なバリエーションで施工されている。始めの5分くらいまではなんだか痛いだけの微妙な感触で、しかし10〜20分と足を慣らしてゆくと、どんどん気持ち良くなってゆく。15分を過ぎた頃にはもう足の裏をがんがんに石にこすりつけていた。施設を出て歩いてみると、体の軽さが全然違う。足の裏が地面をつかむ感じ=グリップ感が非常に良い。スポーツの準備運動として効果大なのではないか?そこいらの足湯、あるいはリフレクソロジーのマッサージなど店もここまでの効果を引き出せたら素晴らしいことになるはずでは??といろいろ考えた。(そのためには足湯は20分以上。足裏の自重マッサージは必須の組合わせ)
 最後に軽くなった足裏で雪山を駆け上り、温泉神社に参拝してから帰郷。東京に帰ってもまだ硫黄の匂いが体に残る濃ゆい旅だった。
f0091934_17343727.jpg
f0091934_17345567.jpg
f0091934_17351062.jpg
f0091934_1748218.jpg
f0091934_17481534.jpg

[PR]
by space88 | 2008-01-04 23:52 | ☆温泉/spa
■入湯温泉名■
・福渡温泉/岩の湯、不動の湯〜新湯温泉/慶雲閣(貸切り露天)
■所在地&電話■
・岩の湯〜不動の湯:
栃木県那須郡塩原町福渡 TEL 0287-32-2512(塩原温泉観光協会)
・渓雲閣:
栃木県那須塩原市湯本塩原37 TEL 0287-32-2361
■利用料■
・岩の湯〜不動の湯:¥200- 入口に料金箱有り
・渓雲閣:一泊2食¥15000-
■営業時間■
・岩の湯〜不動の湯:午前6時〜午後21時
■旧暦■
・霜月25日
■13暦■
・律動の月22日 KIN215 青井共振の鷲
■データ■
・天気:晴れ〜曇り
・入湯時間_13:00〜15:00(岩の湯〜不動の湯)
・同時入湯者数:6人〜10人(岩の湯〜不動の湯)
■記■
 栃木県の塩原温泉郷とは「塩原11湯」と総称される温泉エリアの集合体をさす。大網温泉・福渡(ふくわた)温泉・塩の湯温泉・塩釜温泉・畑下(はたおり)温泉・門前温泉・古町温泉・中塩原温泉・上塩原温泉・新湯温泉・元湯温泉からなる。今回は、一泊2日旅行の一日目、福渡温泉の「岩の湯、不動の湯」と、新湯温泉の「渓雲閣」に行った。
 岩の湯は塩原温泉街を流れる箒川(ほうきがわ)沿いににある公共露天風呂で、塩原からのJRバスで『塩原福渡』を下車。吊り橋を渡った上流側にある。この吊り橋の下流側の遊歩道を進むと不動の湯に行く。双方の露天風呂とも川に面し、非常に開放感あふれる情景を楽しむことができる。温泉湯温は41.5℃程度で入りやすい。体が温まりすぎたら、川に入って体を冷やすこともできる。地元の共同浴場で、混浴ではあるけど、普通に川に対岸から丸見えなので、女性にはやや抵抗があるかもしれないが、川露天風呂としてはなかなかの泉質と環境。
 さて二つの川露天を満喫した後、バスでさらに塩原の奥、終点の塩原温泉バスターミナルに向かい、旅館の送迎車と待ち合わせ、渓雲閣まではそこから約10分の道程。。。
 渓雲閣は部屋に風呂は付いていないが、貸し切り露天風呂×2と、大浴場が付く歴史ある宿。貸し切り露天風呂は、宿泊者が入湯したら札を裏返して貸し切り表示となる簡単なシステムだが、ロケージョンが最高。冬の雪山が一望でき、余計な風景が目に入ってこないのが嬉しい。夕食の料理も非常においしくて、コストパフォーマンスは非常に高い印象。(客対応がアバウトな乗りなのはご愛嬌?)
 今回の旅行は年末に思いたち、即計画&実行。28日に予約をしてなんとか宿を確保。渓雲閣は、郡司氏著による「温泉遺産」100選に書かれており、秘湯を守る会にも登録されている。
f0091934_15345846.jpg
f0091934_15495626.jpg
f0091934_15501114.jpg
f0091934_15502510.jpg

[PR]
by space88 | 2008-01-03 23:30 | ☆温泉/spa
ダイアモンド富士ツアー(SEGO’S MAGICAL BUS TOUR)での立ち寄り。
仲間内での貸し切りバスツアーだが、この遊び方は楽しい!
ダイアモンド富士@田貫湖は天候の状況で見れなかったけれど、
徹夜明け、白糸の滝をまわり(そこで謎のゴールデンパフォーマンスに遭遇)
その後気楽坊に。

http://jp.youtube.com/watch?v=5E5UI4oqubs

ここはちょっとしたテーマパーク的な雰囲気で施設全体としてとても大きく、
観光スポット的な演出が目立つ。浴場だけではなく、カフェ、美術館、
飲食、スポーツ施設等と複合コンプレックス。
レジャーランドと呼ぶ方が雰囲気には合うかな?
気楽坊浴室には最近アメリカンジャグジー(?)
という3人掛けのfrpの浴槽を導入。
気分はいいが、デザインはどうも???常にどこかをリニューアルして
新しさをうったって行く必要があるんだろうが、
もう少しコーディネイトにも気配りがほしいところ。
サウナ室は中央にストーブがある珍しいタイプ。
この感じは初めてで、なかなか新鮮で良い。
ビーフカレー¥500-(ミョーに安い)を食し、仮眠室で約一時間爆睡。

コンプレックス内に、茶目湯殿という入浴施設が別にあり、
こちらの方が意匠は断然良さそうであったが、入りそびれて残念。

■入湯店名:気楽坊(御殿場市)
■利用料:¥1700-(団体回数券割)
■営業時間 11:00〜21:00 ■定休日 火曜日
■設備:サウナ、露天風呂、ジャグジー
■付帯設備:飲食施設×2、休憩室、マッサージ、宴会施設
■記録:天気_くもり〜はれ 入湯時間_11:30〜15:00 入湯者数_21人〜30人
■暦:磁気の月25日 KIN78白い宇宙の鏡 
文月7日(七夕)
f0091934_23235098.jpg
f0091934_12141064.jpg

[PR]
by space88 | 2007-08-19 23:19 | ☆温泉/spa

麻布十番温泉

いつも利用している越の湯の上階、3階にある麻布名物「麻布十番温泉」。
事務所に遊びにきた若者3人組をご案内。
自身も久々の上階利用であるが、あらためて、
なかなかのリラックスタイム&スペースを満喫。平日は空いているのが良い。
同時間帯利用者は、30代のアングロサクソン系の方と、60代おじさんのみ。
付帯設備はサウナしか無いし、浴室もカランが6個程度と狭いけれど、
大体いいつも貸し切り状態に近い感じだし、
ゆっくり広々使えて¥960-は安い気がしてしまう。

やはり畳の休憩所は良いね!

■入湯店名:麻布十番温泉(港区)
■利用料:¥960-(夕方六時以降)
■営業時間 11:00〜21:00 ■定休日 火曜日
■設備:スチームサウナ
■付帯設備:飲食〜宴会場/休憩和室
■記録:天気_はれ 入湯時間_19:30〜21:00 入湯者数_1人〜2人
■暦:磁気の月22日 KIN75 青い惑星の鷲
文月4日(四日月)
f0091934_2012159.jpg

[PR]
by SPACE88 | 2007-08-16 23:06 | ☆温泉/spa

瀬音の湯

アフリカンダンスのワークショップで、あきる野市にキャンプイン。
一日2時間×2レッスン動きっぱなしのハードワーク後に、キャンプ場の
シャワーのみでは疲れもなかなかとれない。。。
ということで、キャンプ場近くの秋川渓谷瀬音の湯へ日帰り入浴に。
今年オープンしたばかりのこの施設は、日帰りだけでなく、工芸の体験施設、
宿泊施設、食事処が併設された複合施設。
「癒し」と「学び」をテーマとしているらしい。
天井は木集成材の連続架構による構造現し、浴室床は、十和田石と、
ありがちといえばありがちではあるが、
すっきりとシンプルにまとめられたデザイン。
森と空だけを眺望する露天風呂も気持ち良い。
湯質は、アルカリ度がかなり高いと見られ、ヌルヌルの質感。
源泉は27度程度で木質バイオマスにより加熱。
トレーニング後の入浴はやっぱり格別!あまり期待していなかっただけに
得した気分で店をあとにする。

■入湯店名:瀬音の湯(あきる野市)
■利用料:¥800-
■営業時間 10:00〜22:00 ■定休日 無休
■設備:露天風呂 サウナ
■付帯設備:宿泊施設、飲食施設、休憩室(仮眠所)
■記録:天気_はれ 入湯時間_21:30〜22:00 入湯者数_7人〜2人
■暦:磁気の月18日 KIN71 青い律動の猿
水無月30日(晦〜つごもり)
[PR]
by space88 | 2007-08-12 20:00 | ☆温泉/spa

須走温泉〜天恵

素晴らしき仲間ウチバスツアー、その名も[SEIGO'S MAGIC BUS TOUR♪ ]の途中に立ち寄った温泉施設。ツアーは19日、レンタルバス+車1台の総勢34名で23:00に渋谷を発。東名高速 御殿場IC から、須走口登山道(ふじあざみライン) 経由で小富士に向かう。オーガナイザー/系太氏のバス内ナビゲーショントークが炸裂。相当面白い。
 5月20日、AM02:00に須走口新5合目到着。星の数がもの凄い。天の河もはっきり見える。木星はキラキラ、流れ星もちらほら、フォー・ユーらしきふらふら揺れる物体も登場で、何でもござれの深夜の天球@富士山五合目。五合目は山の中腹なので振り返れば富士山頂も見えて、これが夜空にうっすらとシルエットが見える感じで何ともgood。そこから小富士遊歩道を懐中電灯をたよりに山道を30分ほどウォーキングして、AM03:00には小富士に到着。あたり前だがかなりざぶい。。。AM04:00にはもう陽がのぼり始める。何とも荘厳な風景を堪能。濃紺の空〜朝焼けの色合いが圧巻。雲海、墨絵のような富士、日の出、鳥のさえずり。
http://homepage.mac.com/space88/fujiyama070519-20/PhotoAlbum12.html
その後小御岳神社に皆でお参り して、東富士山荘にて食事。ここのメニューはキノコが半端無くたくさん入っていて食べごたえありあり。徹夜の自然プチアドベンチュアー鑑賞ということでややみんなお疲れ。バスでいよいよ須走温泉天恵に入湯。
http://www.tokinosumika.com/gotemba/tenkei.html
お湯はぬるめだが、疲れた体を癒すにはちょうど良かったかな。温浴→水風呂交互入浴にはまり、そして整体師の金さんと話し込んで、最後に浴室を出る。仮眠時間を削ってしまった。しかし湯質的には特記すべき点は特に無し。風呂を出て天恵リラクゼーション・ルームにて仮眠。(約2時間) さすがに良く眠れた。PM16:00に 天恵を出発 し、PM17:43に御殿場中畑にてダイアモンド富士サンセットをねらうも惜しくも雲に隠れてみえず。しかし次のツアーでリベンジというつながりの展開と解釈し、万事OK!! 御殿場中畑を出発し、PM19:00 東名高速 御殿場ICからPM22:00には渋谷に到着〜無事解散。 星と空と富士山満喫の旅に大満足。参加のみんなにありがとう。ドライバーのセイゴ氏お疲れ様でした。

■入湯店名:天恵(静岡県駿東郡小山町須走112-171)*米久グループ
■利用料:日祭日料金¥1500-を割引券併用で¥1300-
■営業時間 10:00〜21:00 ■定休日 年二回(6月、11月)
■設備:寝風呂、サウナ、水風呂
■付帯設備:飲食施設、マッサージコーナー、リラクセーションルーム、土産店
■記録:天気_曇り〜はれ 入湯時間_13:00〜16:00 入湯者数_15人〜
■暦:スペクトルの月17日 KIN247 青い宇宙の手
f0091934_135336.jpg
f0091934_1374912.jpg
f0091934_13886.jpg
f0091934_1394242.jpg

[PR]
by space88 | 2007-05-20 23:44 | ☆温泉/spa

三朝温泉の大橋旅館

■入湯店名:大橋(鳥取県倉吉市、三朝温泉) 
■利用料 ¥1000
■営業時間 15:00〜24:00 ■定休日:無休
■設備:サウナ、露天風呂
■泉質:単純泉、放射能泉
■付帯設備:
■三徳山三仏寺投入堂の帰りに入湯。あっさりさわやかな印象の湯。
放射能泉としては日本有数の温泉地。旅館は昭和七年築で文化財指定されている。
■記録:天気_晴れ
■入湯時間_16:45〜18:00 入湯者数_1人〜5人
■暦:倍音の月17日 KIN77 赤い水晶の地球
f0091934_133989.jpg

[PR]
by space88 | 2006-12-01 22:53 | ☆温泉/spa

大菩薩峠の湯

■入湯店名:大菩薩峠の湯(山梨県甲州市塩山上小田原730-1) 0553-32-4126
■利用料 ¥600
■営業時間 10:00〜21:00 ■定休日 毎週火曜日
■設備:全身浴、寝湯、サウナ、露天岩風呂
■泉質:アルカリ性単純温泉
■付帯設備:大広間休憩室、ショップ、軽食コーナー
■大菩薩峠トレッキングに行った際に立ち寄る。天気もよくトレッキング客が非常に多く、施設も大変混雑していた。湯温は低めで、山の疲れをゆっくり癒すのにはちょうど良い温度。施設、泉質に特記するところは無いが、とにかくロケーションが良い。

■記録:天気_晴れ〜曇り 入湯時間_17:00〜20:0 入湯者数_50人〜60人
■暦:自己存在の月4日 KIN36 黄色い惑星の戦士

f0091934_10425684.jpg

[PR]
by space88 | 2006-10-21 23:30 | ☆温泉/spa

石割りの湯

■入湯店名:石割りの湯(山梨県南都留郡山中湖村平野1450) 0555-20-3355
■利用料 ¥700/子供¥200
■営業時間 10:00〜21:00 ■定休日 毎週木曜日
■設備:全身浴、打たせ湯、寝湯、サウナ、源泉ぬる湯、露天岩風呂、露天檜風呂
■泉質:アルカリ性単純温泉(源泉温度26℃)
■付帯設備:大広間48畳、休憩室、個室、ショップ、軽食コーナー

■記録:天気_雨 入湯時間_10:10〜12:20 入湯者数_25人〜30人
■山中湖での野外フェスに行った際に立ち寄る。山中湖近辺では、他に紅富士の湯が有名だが、こちらは行ったことがあるし、何より雨で富士山が見えないシチュエーションだったので、行ったことが無い「石割りの湯」を選択。民宿のおばちゃんによると、紅富士の湯より泉質は良いという。山中湖を挟んで紅富士の湯の対角洗浄に位置する。木構造の現しで、大きめな日帰り施設にしては落着いた雰囲気。お湯の温度はどこもぬるめで41℃以下かもしれない。個人的には露天岩風呂が気に入った。
■暦:電気の月12日 KIN16 黄色い電気の戦士
f0091934_15188.jpg
f0091934_1512750.jpg
f0091934_1514368.jpg

[PR]
by space88 | 2006-10-01 14:36 | ☆温泉/spa

東京都内の銭湯や温泉を中心とした、建築士:今井健太郎の風呂日記。雑誌1010掲載エッセイのバックナンバーもこちらでご覧頂けます。


by space88
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30