2007年 05月 13日 ( 1 )

東京ミッドタウンに行ってみる。なんだろう、この感じ。(自分の中での)打ち止め感?。
都築響一氏のある雑誌上で語っていた言葉を思い出す。
「同じような世界の高級ブランドショップが入った商業ビルで、それがマーケティングに基づいたグローバルな先端の場所だと、ディベロッパーは宣伝する。そうやって日本中どこも同じような街ばかりになった。名古屋も、六本木も、丸の内も、ディベロッパーのやりたい放題。どんどんお金をかけて、どんどん大きなものをつくって、どんどん街をつまらなくしている。」「ちょっと小じゃれたカフェをつくれる人はたくさんいるけれど、それ以外の変ったテイストを持った人が日本にはほとんどいない。若い建築家って、なんでここまでセンスが画一化しているの?と聞きたいくらい。」ホントに言えてる。おっしゃるとおおり。
ただ、そんなショップやギャラリーの集合体の中にあって、ここだけは感じるものあり。
http://www.nagae-seto.jp/
一見「小じゃれた。。。」だけど、モノ(=実物)からこだわりオーラが出てる。これにはちょっとやられた。

さて、今日もしあわせの黒湯@越の湯。日曜の夜ということもあってけっこう混んでいる。今日は湯温が熱めで、珍しく割り水をがんがんに入れる人がぽつぽつ目立つ。でもやはり皆ほぼ常連。閉店の12時前には、ささ〜と脱衣室に。

■入湯店名:越の湯(港区)
■利用料:¥430-
■営業時間 15:00〜24:00 ■定休日 火曜
■設備:座風呂
■付帯設備:
■記録:天気_はれ 入湯時間_23:10〜23:45 入湯者数_10人〜2人
■暦:スペクトルの月12日 KIN240 黄色い律動の太陽
f0091934_10275924.jpg
f0091934_10281872.jpg

[PR]
by space88 | 2007-05-13 23:18 | ☆東京の銭湯

東京都内の銭湯や温泉を中心とした、建築士:今井健太郎の風呂日記。雑誌1010掲載エッセイのバックナンバーもこちらでご覧頂けます。


by space88
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31